愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > ネズミも喜ぶ、漆喰の家

ネズミも喜ぶ、漆喰の家


漆喰は強いアルカリ性なので、カビや細菌が発生しにくい。ベースがカルシウムだから、動物とのなじみがいい。吸放湿性が高いので、結露やダニ、カビの発生に悩むことも少ない。





夏目漱石の「吾輩は猫である」の一節に、主人公のネコがネズミの捕獲を画策するくだりがある。「...鼠賊の逸出するのには三つの行路がある。彼らが若しどぶ鼠であるならば土管を沿うて流しから、へっついの裏手へ廻るに相違ない。(中略)あるいは溝へ湯を抜く漆喰の穴より風呂場を迂回して勝手へ不意に飛び出すかもしれない。そうしたら釜の蓋の上に陣取って...」





ネズミのように化学物質に敏感な小動物が元気に走りまわる家は、シックハウスとは無縁の家です。私たちには、漆喰のような土に戻る本物の素材の家造りを後世に残していく使命があるのです!





...現代の家では鼠が侵入できないような構造になっているので安心してください...










一覧に戻る

お問い合わせはこちら