愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > 木の家 > 木の家で子育てするメリットを教えてください。

木の家で子育てするメリットを教えてください。

木のぬくもりは子どもにとっても心地よく、満たされた気分で成長することができます

木の温かみのある質感は、子どもにとっても快適です

木の家は、大人にとっても子供にとっても心地の良い空間になります。ここでは、木の家で子育てするメリットをいくつかご紹介しましょう。

 

快適な空間で心が満たされる

木の家では、床や壁などに木をそのまま使っていることが多く、子どもたちは木を肌で感じながら暮らすことになります。その気持ちの良い質感は、大人はもちろん、子どもにとっても気持ちの良いものです。また、自然の存在が当然のように感じられる部屋になりますから、毎日が森林浴をしているような状態で、きもちが落ち着いたり、イライラがなくなったりしやすいという人もいます。子供は年齢によっては意味もなくイライラすることも多くなりますから、木の家に暮らすことで心が落ち着き、穏やかに過ごすことができるというのはメリットだといえるでしょう。

 

安全

木は、触ると固く感じるかもしれませんが、コンクリートやガラスに比べるとかなり柔らかい素材です。小さな子供がいると、どうしても転んだりぶつかったり、ということが多くなりますが、木の家の場合は転んで頭を打っても外で転んだ時よりはダメージを抑えることができます。痛いのは痛いですが、やはり心配なのは頭を打つことによって脳にダメージを与えることですから、それが少しでも抑えられるというのはメリットになるでしょう。

 

音を吸収する

木は、コンクリートなどに比べると音を吸収する働きがあります。つまり、四方がコンクリートになった部屋に比べると、中で大きな声を出しても外に響かないということ。子供がいるとどうしても大きな声や足音がしますし、近所迷惑になっていないか気になるという人も多いでしょう。少しでも音を吸収して響きにくくなるというのは、大切なポイントのひとつです。子供をのびのび育てるだけでも、木の家に暮らす価値はあるのではないでしょうか。

 

まとめ

木の家は、自然と一体となって暮らす満足感や、心地よさがあり、それは子どもであっても自然に感じることができるものです。情操を育てる大事なタイミングで、気持ちの良い木の家で暮らしたことは、精神を安定させる支える一つになるかもしれません。また、転んで頭をぶつけても木であれば比較的柔らかいのでダメージを抑えられたり、音を吸収して近所迷惑にならないようにするメリットもあります。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら