愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > 無垢の家 > 床を無垢のフローリングにしたいです。床に使われる木の種類とその特徴について教えてください。

床を無垢のフローリングにしたいです。床に使われる木の種類とその特徴について教えてください。

パインや杉、オークなど、フローリングは使う無垢材の種類によって、部屋の雰囲気もかなり違ってきます。

インテリアや部屋の用途によってフローリングに使う木材の種類を選ぶようにしましょう。

無垢材のフローリングは、おしゃれなだけでなく、調湿機能に優れていたり、肌触りが良かったりとメリットが多いことから選ぶ人が増えてきています。こうした無垢のフローリングは、選ぶ木の種類によって部屋の雰囲気もかなり変わりますので、好みや用途に合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

パイン

パインはいわゆる赤松の木で、明るい色に節があるのが特徴です。ナチュラルテイスト家具などにも使われることが多いため、ナチュラルな部屋によく合います。また、木そのものが軟かく、温かみがあることから、子ども部屋などにも使われることの多い人気の木材です。比較的安いので、広く使ってもコストが抑えられるのもメリットでしょう。

 

パインよりはやや落ちついた雰囲気になりますが、杉も節が独特のアクセントとなる人気の木材です。洋風から和風まで幅広いインテリアに合わせやすく、足への柔らかい当たりも快適性を求める人に支持されています。大人ナチュラルな雰囲気を好み人にはおすすめの木材といえるでしょう。

 

オーク

木材らしい程よい木目と落ち着いたブラウンの色調でインテリア性にも優れた高級木材です。昔から洋酒の樽や船舶にも使われるなど、水に強く、硬い木なので、傷や汚れがつきにくいのもメリットになります。 ナラ材もオークの一種ですが、木目の出方などにかなり違いがあり、雰囲気も違ったものになります。

 

チーク

濃い色味の木材なので、落ち着いた雰囲気になるほか、アジアンテイストのインテリアにもよく似合います。硬くて丈夫なだけでなく、反りが出にくいこと、床暖房にも対応していることからも、フローリングには適した木材ですが、高級材になるのでやや費用は高くなります。

 

メープル

やや明るい色調と繊細な木目が特徴のカエデの木です。優しい雰囲気になるので、あまり個性を主張しすぎないフローリングであり、それでいて硬度と弾力を兼ね備えた高級木材としてフローリングだけでなく高級家具にも使用されています。

 

まとめ

無垢のフローリングは、どの木材を使うかによって雰囲気も肌触りもかなり違ってきます。インテリアの好みや、家族構成などを考えて選ぶのがよいでしょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら