愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > 無垢の家 > 無垢の家でもZEH住宅は可能ですか?

無垢の家でもZEH住宅は可能ですか?

無垢の家でもZEHにすることは可能ですし、当社で実際に建てた事例(雨楽な家ZEH)もあります。

ZEHの家とは?

ZEHとは、Zero Energy Houseの略で、日本語では消費エネルギーゼロ以下住宅といいます。つまり、消費する電力と太陽光などで作り出すエネルギーの収支がゼロになるような家のことです。創生するエネルギーは、太陽光発電がメインなりますから、消費エネルギーをそれ以下にするために断熱を強化したり、省エネ機器を使用したりと、かなりの省エネを図る必要があります。そのために、窓をあまり大きくできなかったり、といった問題はありますが、断熱効果の高い家になることで、快適性は増します。

 

無垢の家で ZEH住宅にするということ

無垢の家でZEHにすることは可能かどうかというと、全く可能です。そもそも、木の家は断熱性が高く、熱を逃がさない構造であることが多いので、むしろZEH住宅には向いているかもしれません。熱がどれくらい逃げていくかを計算して、断熱性を数値化して申請を行うのですが、実際に申請を行った無垢の家では、基準値以下の数値で申請ができました。もちろん注文住宅ですから、一軒一軒間取りや構造は違い、必ずZEH住宅になるとは限りませんが、そのつもりで設計すればZEH住宅の申請ができる家にすることはもちろん可能です。補助金が実際にもらえるかというのはまた別の問題で、補助金の枠に制限があるので、数値が基準内だからといって必ずもらえるというわけではありません。

 

快適な家

補助金がもらえるというだけでなく、気密性が高く、しっかり保温してくれるということは、住んでいてもとても快適な家だということです。一般的には気密性が高いと結露がひどかったり、空気がこもった感じになりやすいのですが無垢の家は木が自然の調湿作用を行うことで、高い気密性と快適さの両方を実現します。もちろん省エネ機器や太陽光発電システムを搭載しているので、実際に電気代もほとんど必要ありません。

 

まとめ

ZEH仕様の家とは、断熱を強化して省エネ機器などを導入し、太陽光発電を設置することで、消費エネルギーと創生エネルギーの収支をプラスマイナスゼロにする家です。補助金がもらえるということもあって、ZEH仕様の住宅が注目を浴び、申請する新築住宅が増えました。無垢の家は断熱効果が高いこともあって、ZEH仕様に適しており、実際に申請を行った事例もあります。保温力が高く、住みやすい家という点でも魅力的です。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら