愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > その他 > 雨水から外壁などを守り、家の寿命を伸ばす?雨樋の役割と日常のメンテナンス方法について。

雨水から外壁などを守り、家の寿命を伸ばす?雨樋の役割と日常のメンテナンス方法について。

何気なく設置してしまいがちな雨樋ですが、実はその役割は重要です。

雨樋の役割

雨樋の役割は、住宅の屋根に降った雨を集めて、適切に排水を行うことです。降った雨を集めて、側溝の近くなどに流れるようにしてあります。雨樋がないと、雨水は屋根から直接地面に落ちたり、家の外壁を伝って地面に落ちることになります。そうすると、外壁が傷む原因になったり、雨水で地面が削られて基礎にダメージを与えたりと、住宅に不具合が生じやすくなってしまうのです。たかが雨くらい、と思いがちですが、その処理で家の耐久性が大きく変わってきますので、雨樋が機能するようにきちんとメンテナンスもしておきましょう。

雨樋に起こりがちなトラブル

雨樋に起こるトラブルとして最も多いので、雨樋の詰まりです。雨樋は人の目には見えにくいところに設置されていることが多いのですが、意外とゴミや木の葉が詰まりやすいところです。特に、近くに大きな木がある場合などは、落ち葉が詰まりやすいので注意しましょう。

また、雨樋の素材によっては経年劣化によって割れてしまったり、雪で壊れてしまうこともあります。その他、長い雨樋をつなげている継ぐ手という部分が外れてしまい、雨水がうまく流れなくなってしまうこともあるので、台風や地震の後は特に注意が必要です。

雨樋のメンテナンス

日常的な雨樋のメンテンナンスとしては、ゴミなどが詰まらないように定期的に掃除をすることが大切です。特に、木の葉が詰まりやすい場所に雨樋がある場合は、木の葉が落ちる季節に合わせて掃除を行うとよいでしょう。その時に、雨樋そのものに劣化が起こっていないか、継ぐ手の部分が外れたり外れそうになっていないかもチェックしておくようにします。雨樋は高い場所にあるので、作業をする際は転落などに注意し、継ぐ手の修理や素材の劣化による交換が必要になった場合は、信頼できる業者に依頼してきちんと取り付けてもらうようにしましょう。

まとめ

設置するときにはあまり考えずに業者に任せになることが多い雨樋ですが、その役割は重要ですので定期的に掃除をしたり、メンテナンスをすることが必要になります。ゴミや木の葉による詰まりや、災害などで破損することもありますので、雨樋がきちんと機能しているかは気を付けておくようにしましょう。住宅を長く快適に使うためにも、雨樋の状態をよくしておくことはとても大切です。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら