愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > その他 > 空が見えて開放感・採光性抜群の天窓。そのメリット・デメリットは?

空が見えて開放感・採光性抜群の天窓。そのメリット・デメリットは?

部屋を明るくしてくれる天窓ですが、そこにはメリットだけでなくデメリットもあります。

いろいろな天窓

天窓とは、屋根に作った窓のことです。基本的には手の届かないところに作るので、普通の窓のように手軽に開閉ができるものではありません。開閉は、天窓から伸びたロッドやハンドルを回すことで、下から操作できるようになっていたり、電動式でリモコンでの操作ができるようになっているものなどがあります。また、開閉ができないように、ガラスをはめ込んで固定しているものもすくなくありません。

天窓のメリット

天窓のメリットは、やはり天窓があることで室内が格段に明るくなることです。北側や東側など、窓からの採光が弱い部屋につけるとより効果的でしょう。日光にあたることによる健康効果もありますし、毎日の生活リズムを整えるのにも有効です。昼間は電気をつけなくても明るくなるため、光熱費の削減にもなります。開閉式の天窓であれば、風通しもよくなりますし、熱い空気は上に流れるため、暑い季節には熱気を逃がしてくれるのもメリットです。外からの視線も気になりませんし、デザイン的にも開放感のある部屋になるので、インテリア的な好みで天窓をつける人も少なくありません。

天窓のデメリット

天窓にはデメリットもいくつかありますが、ひとつは手が届かないので普通の窓のような管理が難しいという点です。例えば、汚れて手軽に拭き掃除ができるわけではなく、内側からは何とか拭けても、外側の掃除は業者に頼むしかありません。また、冬は心地よい日差しも、夏には眩しすぎたり、日焼けが引きなることもあります。専用のブランドをつけたり、UVカットガラスを使うのがよいでしょう。屋根の上にソーラーパネルを設置している家では、出窓の部分には設置できないので制限になりますし、断熱効果のある複層ガラスなどを使わないと、冷暖房の効率も悪くなります。

まとめ

オシャレで部屋を明るくしてくれる天窓ですが、掃除が難しかったり、夏には眩しすぎるといったデメリットもあります。とはいえ、やはり自然光を取り込むことができたり、星を見上げたりできる天窓は魅力がたくさんあります。デメリットは、対策することで解決できる点も多いですし、天窓にもいろいろな種類があるので、部屋や用途によって天窓を選び、天窓の生かせる住まいにするとよいでしょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら