愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

ブログ記事

社長のひとり言

トップ > 社長のひとり言 > 屋久杉(やくすぎ)

屋久杉(やくすぎ)

屋久杉って、知らない人はいないてしょう、必ず聞いたことがあると思いますが、じゃあ、普通の杉とどう違うの?

屋久島にある杉のことを屋久杉と呼んでいいんですか?屋久島では特に樹齢が千年を超す杉のことを、「屋久杉」といいます、千年以下の杉のことを「小杉」、人が植えた杉を「地杉」といいます。

それでは、屋久杉と本土にある杉とでは、いったい何が違うのですか?実は、同じ杉科、杉属という同じ種類の木なんです。

屋久杉と本土にある杉との徹底的に違う点は、屋久杉に含まれている樹脂分が普通の杉と比べて6倍以上含まれているということなのです。屋久島の山間部では、年間雨量が8000ミリ以上という桁違いな雨が降りますが、その多量な雨が降る環境で、杉自体が腐らないように、自らを守るために、その雨の多い環境に自ら適応するために、樹脂が非常に多い杉になっているのです。そして樹脂が多く腐りづらい杉なので、屋久杉は長生きなのです。通常、杉科の仲間というと500年ぐらいが寿命と言われていますが、屋久島の環境で育つと2000年とか、たまに3000年なんていう桁違いに長生きな屋久杉もあります。

...太古の昔から存在している屋久杉の原始林、いつまでも存続していてほしいですね。...

一覧に戻る

お問い合わせはこちら