愛知県名古屋市北区、知多市、常滑市、阿久比町で無垢材と塗り壁で自然素材を使った家<雨楽な家>を建てるなら株式会社明陽住建へ

注文住宅Q&A

トップ > Q&A > その他 > 温かみがあってナチュラルな外観のモルタル外壁とは?そのメリットとデメリットは?

温かみがあってナチュラルな外観のモルタル外壁とは?そのメリットとデメリットは?

モルタル外壁とは、セメントと砂と水からできている塗り壁のことです。

モルタル外壁とは 

モルタル外壁とは、セメントと砂と水を混ぜることで作られる塗り壁のことです。1990年代までは日本の住宅の大半がモルタル外壁だといわれるほど多く使われていましたが、最近ではサイディングが増えていることもあり、そのシェアは減少傾向にあります。それでも、モルタル外壁には他の壁にはないメリットがありますから、現在でも選ぶ人は少なくありません。ここでは、モルタル外壁のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

モルタル外壁のメリット

モルタル外壁のメリットは、まずデザイン的な自由度が大きいことがあげられます。モルタルの種類が豊富なので、どんなモルタルを選ぶかでも色や質感を変えることができますし、モルタルは職人が手で仕上げるため、模様をつけたり、吹付をしたりと好きなデザインにすることができるのです。壁の継ぎ目なども見えないため高級感のある仕上がりになるのも魅力です。

機能面では、耐火性の高さや、断熱性、遮音性の高さがメリットといえます。また、万が一火事などになっても、有毒ガスが発生しないほか、丈夫で台風などの多い日本の気候には適している素材です。

モルタル外壁のデメリット

モルタル外壁は、年月を経るとどうしてもひび割れなどが生じてしまいます。そうなると、ひびからは染み込んだ雨が、内部を腐食させることもあるのです。

また、外壁の色によっては、雨が降ると窓などから雨水が垂れたような黒い筋が跡になって残ってしまうこともあります。こうしたひびや汚れは、部分的なメンテナンスで補修することも可能ですが、その都度メンテナンスを行っても、10~20年に一度は全面塗装を行うことが必要だとされています。

モルタル外壁は、新築時の施工だけを考えると割安感がありますが、メンテナンスの費用も考えると決して安いとは言えないかもしれません。また、施工は職人が手作業で行うため、職人の技術に仕上がりが左右されるのも心配される点です。

まとめ

モルタル外壁とは、セメントと砂、水を練り合わせて作られるモルタルを使った塗り壁です。職人が手作業で仕上げるため、デザインの自由度が高く、色や模様も好きなものを選べます。断熱性などにも優れていますが、どうしても年月が経つとひび割れができたり表面が汚れたりするので、塗り替えなどが必要になるのがデメリットでしょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら